とも鍼灸整骨院
とも鍼灸整骨院

診察時間:月~土 ⁄  9:00~13:00、15:00~19:00
休診日:水曜午後・日曜日・祝日

新居浜市で「肩こり・腰痛・膝痛」に強い鍼灸整骨院

産後骨盤矯正

骨盤は上半身の体重を支え、大切な内臓を入れる器です。女性の骨盤は歪みやすく、年齢とともに開いていきます。また、日頃の悪い姿勢の積み重ねが大きな要因になってきます。骨盤が歪んで広がってしまうと、内臓が本来あるべき位置からグッと下がり、胃に大きなスペースができてしまいます。また、骨盤の歪みが下半身の血行を悪くさせ下半身のむくみや冷え性の原因にもなります。

出産後こんな悩みはありませんか?

産前のジーンズやスカートが履けない
寸胴体系になってしまった
尿漏れがなかなか治らない
冷え性・生理痛がひどい
尾骨や恥骨、骨盤周りに痛みがある
股関節(脚の付け根)が痛い
下半身がむくみやすい
下腹部のポッコリがなかなかとれない

妊娠をすると全身の靭帯を緩める働きをする「リラキシン」というホルモンが分泌され出産をスムーズにしてくれます。リラキシンの影響は、長い人で産後6ヵ月くらいまで続くと言われています。骨盤の靭帯や関節が緩むことは、骨盤が歪みやすい状態であることです。その為、妊娠中~産後数ヵ月は、悪い姿勢でいると骨盤が歪みやすい時期になります。歪みがあるとその部分だけでなく全身の循環障害がおき、さまざまな不調が出てきます。

しかし、人生の中でこんなにも骨盤の形が変わる時期はありません。この時期に骨盤を正しい状態にリセットできれば、その後の人生の痛みとの付き合い方が変わっていきます。

産後骨盤矯正をするのはいつがベストか?

産後1ヶ月くらいは体調がすぐれなく、母体に負担が大きいので少なくとも産後1ヶ月はしっかり休んで体力回復に集中することをおススメします。またリラキシンの影響で産後6ヶ月は骨盤の靭帯や関節が緩みやすい時期です。緩みやすいということは、正確な施術をすると体の形が整いやすいということです。

したがって、産後1ヶ月から6ヶ月(特に3ヶ月以内)に骨盤矯正をするのがベストです!
ちなみに「産後6ヶ月以上経過したら骨盤矯正はもう遅い?意味がない?」と言われたら、そんなことはありません。もしそうであれば一般の人は骨盤矯正できないということになりますから。あくまで「骨盤の靭帯が緩んだ状態で矯正しやすい」という事であって、産後6ヶ月以上経っていても骨盤の歪みは治すことが出来ます。

産後骨盤矯正ダイエット×トレーニング

よく骨盤矯正ダイエットと聞きますが、骨盤矯正だけではダイエットすることはできません!

ダイエットするには食事療法や運動をしなくてはいけません。特に、妊娠中に安静を保っている為身体の筋肉量が減っています。太りやすい体質になっているということです。 運動をすることで筋肉がつき、基礎代謝が上がり痩せやすい身体になります。筋肉をつけると体力もつき疲れにくくなります。 したがって、骨盤矯正で身体を整えて、体を引き締めるトレーニングをするのが一番健康的な身体になっていきます。

当院ではパーソナルトレーニングをしています。
筋肉トレーニングは正確なフォームでしないとケガの原因になることもあります。マンツーマンで分かりやすくお教えしますので効率よく筋肉を鍛えることが出来ます。個室なので人目を気にせずできます。週1回のトレーニングで筋肉はついていきます。

「パーソナルトレーニング」について詳しくはこちらから

産後骨盤矯正はどれぐらいの頻度がいいの?

妊娠中に骨盤が歪んでしまったり、日常生活のバランスの偏りで骨盤は歪んでしまいます。1度の施術で効果が実感できますが、週に1度の間隔で12週間ほど行うことをオススメしております。2回、3回と続けて繰り返すことにより脳に「これが正しい姿勢なんだよ」と認識させることが大切なのです。

料金

30代 女性 新居浜市

産後に、骨盤の歪みと尿漏れの悩みがあったのですが、こちらに通いはじめて2・3回で改善しました。 産後骨盤矯正して本当に良かったです。オススメです。

30代 女性 新居浜市

産後に、骨盤の歪みと尿漏れの悩みがあったのですが、こちらに通いはじめて2・3回で改善しました。 産後骨盤矯正して本当に良かったです。オススメです。

鍼灸治療
女性施術スタッフ在籍
交通事故治療
美容鍼灸
機器療法
院長の想い